• スーパーフード、スピルリナの健康効果について

    近年、その健康効果の高さからスーパーフードとしてスピルリナが脚光を浴びています。粉末や錠剤など様々な形態で売られているのをよく見かけますが、その効果のほどはいったいどうなのでしょうか。


    その成分の中でまず多いのがタンパク質で、その含有量は実に全体の6割にも及んでいます。

    All Aboutの情報はこちらのサイトがオススメです。

    さらに18種類もの必須アミノ酸、豊富なビタミン群、ミネラル、核酸、クロロフィルなど、体に良い作用をする成分を実に豊富に含んでいるのです。

    摂取を続けていると免疫力が上がったりアレルギーが改善したリと、体に嬉しい様々な変化が起きてきます。

    栄養満点であることに加え、アルカリ性であるスピルリナは、野菜不足で賛成に偏った体を本来の弱アルカリ性に戻す働きをしてくれ、結果体力がついたり、風邪をひかなくなったりします。


    また、含まれるフィコシアニンやクロロフィルは炎症を抑えたり体内の毒素を排出する作用があるので、アレルギー症状を抑えます。


    その他、豊富なアミノ酸が脂肪を分解してダイエットを促してくれたり、血液の元となるクロロフィルが貧血を改善してくれたりと、その健康効果を上げ続けていたらきりがないほどですが、私たち日本人にとって最も気になるその効果は、体内の放射能を排出してくれる可能性でしょう。



    かつてのチェルノブイリ原発事故のとき、イギリスの提供したスピルリナを子供たちが服用したら放射能レベルが下がったという話があるそうです。残念ながら医療界で正式に認められた見解ではありませんが、スピルリナの持つ豊富な栄養素が放射能排出に一役買っているのかもしれません。

    生スピルリナ情報を集めました。

    体を健康に保ち、放射能排出にも効いてくれるかもしれないスーパーフード、スピルリナを、ぜひ積極的に摂っていきたいものです。

  • 医療について情報

    • 生スピルリナは、全長400μm、幅7μmほどの螺旋型の.3〜0.5mm程度の濃緑色のラセン状の単細胞微細藻類であり、約35億年以上前からアラビア半島や熱帯及び亜熱帯地方の高温で過酷な環境下で自生してきたとされるスーパーフードですスピルリナには、必須アミノ酸9種類や非必須アミノ酸11種類を含む良質なタンパク質や脂質、糖質、ビタミン、ミネラル、繊維質、色素などの栄養素を豊富に含有している事から、2g〜8gの摂取で肥満改善やダイエット効果、便秘の改善、コレステロールの軽減などの効果が期待出来る為、貧血症状や糖尿病、高血糖症、高血圧症などの生活習慣病の症状改善及び予防に有益な効果を発揮します。特に含有されるタンパク質には、食欲抑制効果のあるノルアドレナリンやドーパミンなどの脳内伝達物質の分泌を促進するフェニルアラニンや精神を安定させる脳内伝達物質セロトニンの分泌を促進するトリプトファンが含有されており、フェニルアラニンの食欲抑制効果によるダイエット効果の効果に加え、ダイエットのストレスを幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンが抑制し、精神的に安定した状態でダイエット効果が得られます。...

  • 詳しく知りたいなら

    • スピルリナとは、熱帯地方の湖に生息するもの一種で、たくさんの栄養素を含むスーパーフードとして注目されています。スピルリナに含まれる成分は、たんぱく質、必須アミノ酸の一種であるフェニルアラニン、ビタミンB群、鉄分、クロロフィル、ミネラルなど、生命の維持に必要な成分です。...

  • ためになる医療

    • スピルリナは全長が0.3〜0.5mm程度のらせん形をした藻のことで、色は鮮やかな濃い緑色をしています。約35億年以上も前から地球に存在していると言われており、熱帯地方の湖に自生しています。...

  • 医療のテクニック

    • 今話題のスーパーフードですが、体に良いことや健康に良いということは判っていても、どのように良いのかまでは判らずに、ただ何となく使っている人も多いのではないでしょうか。含まれる栄養素によっても、機能性の成分によっても、期待できる健康効果が違ってきます。...